上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんばんわ

なんか知らないけどいまから更新しようと思ったので更新します。

本日、柚朱樹の一週間後の初検診でした。

僕自身は仕事で立ち会うことはできませんでしたが、嫁からの報告を一つ書きたいと思います。

健康状態は良好だけれどもやはり約19日早く生まれているだけあり、吸う力が普通の子よりもないように感じます。

体重の増え方も平均よりは下。 挙句の果てには「この飲む量で足りてると思う?」と言われるまで少ない模様。

正直、聞いた時僕の中では「ほんならどうしたらええんじゃ!我が子に無理やり突っ込んでのましゃーええんか?」と一瞬思ったけれど、人は人。自分は自分。我が子は我が子の育ち方がある!と思い、結局決断がでたのは「ゆずちゃんのペースで少しでもいい!健康に大きくなっていってくれればいい!」ということに自分の中で落ち着きました。

まぁ嫁は少しショックを受けたみたいですが、ここを元気付けるのも旦那の仕事ですよね!

お互い励ましあってがんばっていこう!って改めて感じさせられた一日になりました。

本日は仕事が終わり19時ごろ家に帰宅。

その後、嫁から陽奈乃の保育料が払われてないって言われたんだけど、ちょっと領収書みてくれない?と言われ見てみると
たしかに納付しておりました。。。

一応明日保育園にその領収書をもっていく予定らしいですが、僕自身も少し支払いをした市役所に聞いてみようかなと思います。

こっちはちゃんと払ってるのに未納になってるのは明らかに役所の責任でしょ。。。

普段取り立てには厳しいであろう市役所がまともに払っているのに未払いになっているのを放置しているのはちゃんと払ってる側からすれば納得行きません。

納得いくまで話合おうと思います。

そんな感じで僕の長いような短い一日が終わりました。

明日もがんばって更新したいと思います。

おやすみなさい。
スポンサーサイト
2013.09.09 / Top↑
こんばんわ

本日も無事一日の任務を終えて更新開始☆

☆~一日の出来事~☆
AM7:00分 夜勤から帰宅
洗濯・風呂を済ませ乾燥機へ

8時 乾燥機終了。嫁の服と作業服をたたみ準備万端!
いざ嫁の待つ病院へ

9時ごろからとりあえず睡魔の限界だったので12時ごろまで爆睡(ω)
看護士さん・・・そりゃ旦那がベットで寝てたらびっくりするわなw

そして第一の関門が柚朱樹に襲ってきました。

どうやら黄疸になってしまったらしく、24時間光で治療することになりました。

嫁の母乳はでるようになったので大丈夫なのですが、2504g(ぎり37週)というわけでやはり吸う力がまだまだ弱いみたいで、なかなか量を飲むことができません。。。
それが不安だったのにさらに黄疸とは・・・(TωT)

先生曰く、生理的黄疸だろうから問題はないと思う。とのことですが、やはり心配だわなぁorz

とりあえず、今晩も雨だけれども夜勤だから帰ってきたけど、明日また様子を見に行こうかな(ω)

がんばれ!柚朱樹!そしてはよ大きくなれよ(ω)
2013.09.03 / Top↑
こんにちわ☆
以前のブログを完全リニューアル致しました。
また振り出しからですがよろしくお願いします。

今回ブログを再活動しようと思った理由としては、2013年8月31日0時00分
我が家族に新たな生命が誕生しました。
長女の記録も一緒に残し、こっそりと成人するときにでも見せれたらいいなぁ~と思い、長い日記のような形で残していくことにしました。

続くかどうかはわかりませんが、がんばっていこうと思います。

出産までの道のり~☆

29日9時・・・瀬戸大橋足場組のため夜勤に出勤。
30日朝7時すぎに事務所戻り7時30分帰宅。

その後37週を迎えた嫁とともに産婦人科へ一緒に検診へ
異常はなく、張り止めの薬ももう飲まなくていい!といわれ37週祝いで焼肉を食べ帰宅。
その後腹が痛いといいつつも保育園に陽奈乃を迎えに行き、帰ってきた後陽奈乃と二人でイオンへ~
そしていつもより一時間遅い風呂に入り寝静まった。
さすがに25時間ぐらい起きていたので子供を寝かす前に自分が先に寝てしまった。
22時30分ごろ・・・寝付いて30分ぐらいたって嫁が起こしにきた。
その言葉は、出血した。。。だった・・・
あわてて車に乗せ、赤松産婦人科へ走った。
夜ということもあり20分ほどで到着!
その後嫁は診察室のほうへ入っていった。

長女、陽奈乃と二人でまっていると嫁のお母さんが到着。その5分後ぐらいに先生がやってきた。

先生「もう子宮口が9センチあいています、すぐに分娩になります。」

僕はびっくりして嫁の待つ分娩室へと入っていった。

そこには分娩代で手すりを必死につかむ嫁がいた。

痛い痛いといいながらも必死に耐える嫁。
どうすることもできない自分が本当に情けなかった。

陣痛が来たときに看護士さんがやっていた背中をさするのを見よう見真似で真似をし、とりあえず大丈夫!もう少し!という声をかけることしかできなかった。
今思うと、それ以外なにができんだ?と思うけど、本当に変わってやりたいぐらいだった。

そして23時50分ごろ。人口破水にて分娩開始。
響きわたるのは嫁のつらそうな声だった。
正直僕は維持でも泣かない!と思い、嫁のつらい顔をみても必死に耐えて声をかけ続けた。
そして日付のかわった31日0時00分・・・次女である柚朱樹(ゆずき)が産まれた。
身長47.5cm 体重2504g 小ぶりの女の子

産まれたと同時に嬉しさと感動で涙線崩壊。
ダムの決壊ぐらいの涙が流れた。。。こればっかりは止めようがなかった。
誰にも見られたくない男の泣き顔なのに後々嫁にはばれておりました。はい。。。

そして今に至るのですが、とりあえず今日から夜勤再び開始なのでがんばっていこうと思います。
これ以上書いてもダラダラなりますので(ω)

yukari,hinano
hinano
yuzuki
2013.09.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。